知夫村役場(公式サイト)
知夫里島観光協会

隠岐牛作りとして、放牧主体で足腰が強く病気に負けない健康な基牛を子牛市場に出品していくため頑張っています。今後の改良の課題としては、島根の名牛である「第7糸桜」を基とする糸桜系を軸に、兵庫系、気高系の三元交配を基本方針として取組んでいきたいと思っています。一方で気になるのは購買者から指摘をうけた一部に過肥ぎみな子牛が見られたこと、また隠岐市場は現在年3回(3月・7月・11月)しかないので月齢に伴う発育、体重のバラツキ等があげられることなど今後の飼養管理の課題です。        隠岐牛らしい足腰の丈夫で健康な牛、また種雄牛の撰定で中身も伴う特徴ある隠岐牛作りをしていき、県内外の購買者の方が安心して来島してもらえるよう仲間と共に改良をしていきたいと思います。

1.jpg